2022年05月21日

Wreck Of The Six Wheeler

Monday morning it begin to rain
Around the curb came a passenger train
On the Charlie was old Jimmy Jones
He’s a good old porter but he’s dead and gone
Dead and gone, he’s dead and gone
He’s been on the Charlie so long.

Joseph Mica was a good engineer
He told his fireman not to fear
All he wanted, keep it good and hot
“We’ll make Canton ’bout 4 o’clock,
’Bout 4 0’clock, ’bout 4 o’clock,
Been on the Charlie so long.”

When we was about a mile of the place
Number One stared us right in the face
Conductor looked at his watch and he mumbled and said,
“We may make it, but we’ll all be dead,
All be dead, we’ll all be dead
I’ve been on the Charlie so long.”

When the two locomotives was about to bump
Fireman was preparing for to make his jump
Engineer blowed the whistle and the fireman balled
“Oh, Mr. Conductor, won’t you save us all,
Save us all, Oh, save us all,
I’ve been on the Charlie so long.”

Oh, you oughta been there for to see the sights
Running and a-screaming both black and white
Some was crippled and some was lame
But the six wheel driver had to bear the blame
Had to bear the blame, had to bear the blame
He’s been on the Charlie so long.

Ain’t it a pity, Oh, ain’t it a shame
That the six wheel driver had to bear the blame
He’d been on the Charlie so long.

Gonna lay my head, gonna lay my head
Down on some railroad line
Let the Sante Fe, let the Sante Fe come and satisfy my mind
Let the Sante Fe, let the Sante Fe come and satisfy my mind
Gonna lay my head down on some railroad track
When the train come along, I sure gonna jerk it back.

「六輪機関車の衝突」

月曜日の朝、雨が降り始めて
カーブを抜けて旅客列車がやってきた
機関車チャーリーには、おなじみジミー・ジョーンズが乗ってたんだ
あいつはいい運転士だったけど、死んじまったんだよ
死んじまった、死んじまったんだよ
あいつはずっとチャーリーに乗ってたんだ

ジョゼフ・マイカはいい機関士だった
あいつは火夫に怖気付くなって言ったんだ
奴の望みは、釜が暑くなってることだから
「俺たちカントンに行くんだ、四時頃にな
四時頃に、四時頃に
このままずっとチャーリーに乗って」

目的地まであと一マイルって頃に
一番列車が俺たちとにらめっこしてたんだ
車掌は時計を見て、つぶやくように言ったんだ
「時間には間に合うが、俺たちみんな死ぬんだな
みんな死ぬんだ、俺たちみんな死ぬんだ
このままずっとチャーリーに乗ったまま」

二台の機関車がまさにぶつかろうとしたその時に
もう火夫は飛び降りようと身構えていた
機関士は警笛を鳴らし、火夫は身体を丸めた
「なあ、車掌さんよぉ、みんなを助けてくれないか
みんなを助けてくれ、みんなを助けてくれ
今までずっとチャーリーに乗ってたんだ」

なあ、みんなそこにいて、見れたらよかったのにな
走り回って叫びまくってたよ、黒ンボも白ンボも
手をケガしてる奴もいれば、足を引きずってる奴もいたんだ
六輪の機関車を運転してた奴だけ、責められてたんだよ
責められてた、責められてたんだ
あいつがずっとチャーリーに乗ってたんだから

みじめじゃないか、ああ、情けないよな
六輪の機関車を運転してた奴だけ、責められてたんだよ
あいつがずっとチャーリーに乗ってたんだから

自分の頭を置いてやる、自分の頭を置いてやるよ
どこかの鉄道の路線にさ
サンタフェ線が、サンタフェ線が来たら、俺の心は満たされる
サンタフェ線が、サンタフェ線が来たら、俺の心は満たされる
自分の頭を置いてやるよ、どこかの鉄道の線路にさ
でも汽車が来たら、きっと頭を引っ込めちまうんだろうな

 1900年にウォレス・サウンダーズ(Wallace Saunders、生没年未詳)がケイシー・ジョーンズ(Casey Jones)ことジョン・ルーサー・ジョーンズ(John Luther Jones、1863~1900年)の事故を歌った「ケイシー・ジョーンズ(Casey Jones)」のメロディーは分かっていませんが、フォークソングの「ジミー・ジョーンズ(Jimmy Jones)」だったのではないかと言われています。アメリカのフォークソングやブルーグラスの楽曲を数多く紹介しているサイトBluegrass Messengers(http://bluegrassmessengers.com/casey-jones--version-1-original-saunders-lyrics.aspx)では、「ジミー・ジョーンズ」のサンプルにこの楽曲を上げています。「ケイシー・ジョーンズ」同様、蒸気機関車の衝突事故を扱っていますが、色々なフォークソングの寄せ集めらしく、かなり支離滅裂な内容になっています。医学博士でテキサス大学の教授であったニュートン・ゲインズ(Newton Gaines、1890~没年未詳)が、1929年にジム・ニュー(Jim New)の変名で残した録音があります。

Charlie:この歌が録音された頃、Charlieの愛称で呼ばれた蒸気機関車には英国の採石場を行き来していたものがあるが、車輪配置0-4-0で六輪ではない。
porter:おそらくtransporter。
Joseph Mica:一節目でJimmy Jonesだった主人公の名前が変わっている。
we was:we were。一、二節目は三人称で書かれていたものが、三節目では一人称になっている。
Conductor:車掌。
crippled:手足が不自由な。
lame:足の不自由な。

 



hanmyo at 06:00|PermalinkComments(0)1929年 | Jim New

2022年05月20日

Casey Jones

Come all you rounders, for I want you to hear
The story told of an engineer
Casey Jones was the rounder’s name;
A heavy right-wheeler of a mighty fame

Caller called Jones about half past four;
He kissed his wife at the station door,
Climbed into the cab with his orders in his hand
Says, ‘This is my trip to the holy land’

Through South Memphis yards, on the fly,
He heard the fire-boy say, “You’ve got a white eye.”
All the switchmen knew, by the engine moan,
That the man at the throttle was Casey Jones.

It had been raining some five or six weeks,
The railroad track was like the bed of a creek;
They rated him down to a thirty-mile gait,
Threw the south-bound mail about eight hours late.

Fireman says, “Casey, you’re running too fast,
You run the block-board the last station you passed.”
Jones says, “Yes, I believe we’ll make it through,
For she steams better than I ever knew.”

Jones says, “Fireman, don’t you fret;
Keep knocking at the fire-door, don’t give up yet.
I’m going to run her till she leaves the rail,
Or make it in on time with the Southern mail.”

Around the curve and down the dump
Two locomotives were bound to bump.
Fireman hollered, “Jones, it’s just ahead;
We might jump and make it, but we’ll all be dead.”

’Twas round the curve he spied a passenger train
Reversing his engine, he caused the bell to ring
Fireman jumped off, but Jones stayed on
He’s a good engineer, but he’s dead and gone

Poor Casey Jones was all right,
For he stuck to his duty both day and night.
They loved to hear his whistle aqd ring of number three,
As he came into Memphis on the old I. G.

Headaches and heartaches, and all kinds of pain,
Are not apart from a railroad train.
Tales that are in earnest, noble and grand,
Belong to the life of a railroad man.

「ケイシー・ジョーンズ」

鉄道員の仲間はみんな集まるんだ、聞きたいならな
この勇敢な機関士の物語を
ケイシー・ジョーンズってのが、その機関士の名前さ
4-6-0の機関車で、名前を残したんだ

通信士がケイシーを呼び出したのは四時半頃で
駅舎の前であいつはカミさんにキスしたんだよ
路程表を手に機関室に入ったのさ
「聖なる地に向って出発だ」

南メンフィス駅を飛ぶように出ると
火夫が声をかけるんだ「前照灯を点けるんだ」
切換え人夫はみんな分かるんだ、蒸気機関のうなる音で
機関室にいるのがケイシー・ジョーンズだってね

もう五、六週間も雨が続いてて
鉄道の線路は川底みたいになってたから
三十マイルまで速度を落とすしかなかったんだ
南方への郵便物が八時間近く遅れてたのに

火夫は言うんだ「ケイシー、これじゃ速過ぎだよ
さっき駅を通る時に壁板をぶち抜いちまったぜ」
ジョーンズは言うんだ「ああ、でもこれで間に合うと思うんだ
こんなによく蒸気が上がるのは初めてなんだからな」

ジョーンズは言うんだ「火夫どん、震えるなよ
釜の蓋を叩き続けろ、へこたれるんじゃない
俺はこ脱線するまで、いつを走らせてやるんだ
南方郵便を時間ちょうどに届けてやるんだよ」

カーブを曲がって町に入ると
もう機関車二台が衝突寸前
火夫は叫んだ「ジョーンズ、もう目の前にいるぞ
すぐ飛び降りなきゃ、二人とも死んじまう」

カーブのところでジョーンズはちらっと客車を見た
機関を逆転して、警鐘を鳴らしたんだ
火夫は飛び降りたが、ジョーンズは残った
あいつはいい機関士だったが、もう死んでしまったんだよ

あわれなケイシー・ジョーンズは素晴らしかった
昼も夜も自分の職務を果たしたんだから
みんな聞くのが好きだったんだ、あいつが警笛で三番信号を鳴らすのを
いつものイリノイ中央でメンフィス駅に入る時にさ

頭の痛みも、胸の痛みも、その他どんな痛みでも
鉄道員には切っても切り離せないものさ
この物語は偽りなく、気高く、素晴らしくも
ある機関車乗りの人生に捧げられたものなんだ

 アメリカのフォークソングやブルーグラスの楽曲を数多く紹介しているサイトBluegrass Messengers(http://bluegrassmessengers.com/casey-jones--version-1-original-saunders-lyrics.aspx)で、ウォレス・サウンダーズ(Wallace Saunders、生没年未詳)のオリジナルと紹介しているものの二つ目。1908年に雑誌「鉄道員会報(The Railroad Man's Magazine)」に掲載されたもので、初めてケイシー・ジョーンズ(Casey Jones)ことジョン・ルーサー・ジョーンズ(John Luther Jones、1863~1900年)の功績を印刷したものとなります。

A heavy right-wheeler:1900年版ではhighとなっていたところがheavyとなっている。
on the fly:大急ぎで。
white eye:機関車の前照灯。
creek:小川。
gait:足取り。
block-board:ベニヤ板。
dump:俗語で町。
aqd:おそらくandの誤植。
ring of number three:汽笛信号で走行中に三回鳴らすのは、次の駅で停車。
on the old I. G.:おそらくold I. C.の誤植。



hanmyo at 06:00|PermalinkComments(0)1908年 

2022年05月19日

Casey Jones

“Come, all you rounders, if you want to hear
The story told of a brave engineer;
Casey Jones was the rounder’s name,
A high right-wheeler of mighty fame.”
Of mighty fame, of mighty fame,
A high right-wheeler of mighty fame.

Casey pulled into the Memphis yard
Fed up, beat down and dog tired,
Another driver had called in sick,
Asking Casey to do a double trick.

Casey smiled, said, “I’m feelin’ fine,
Gonna ride that train to the end of the line.
There’s ridges and bridges, and hills to climb,
Got a head of steam and ahead of time.”
Ahead of time, ahead of time.
Got a head of steam and ahead of time.

Checked his water, his water was low,
Looked at his watch, his watch was slow.
Put on more water, put on more coal,
Put your head out the window see my drivers roll.
See my drivers roll, see my drivers roll,
Put your head out the window see my drivers roll.

People said Casey couldn’t run
But I can tell you what Casey done;
Left Memphis, quarter ‘til nine
Vaughn, Mississippi, right on time.

Got within a mile of the place,
A big headlight stared him in the face;
Shout to the fireman, “Jump for your life.”
Give my love to my children, say goodbye to my wife.

Casey said, just before he died,
“There’s a lot more railroads that I’d like to ride;”
He said the good Lord whispered, “It’ll never be,”
The Illinois Central be the death of me.

Headaches and heartaches and all kinds of pain
Ain’t no different from a railroad train.
You can take your stories, noble and grand,
All just a part of a railroad man.

「ケイシー・ジョーンズ」

「鉄道員の仲間はみんな集まるんだ、聞きたいならな
この勇敢な機関士の物語を
ケイシー・ジョーンズってのが、その機関士の名前さ
4-6-0の機関車で、名前を残したんだ」
名前を残したんだ、名前を残したんだ
4-6-0の機関車で、名前を残したんだ

ケイシーはメンフィス駅に乗り入れたんだ
くたくたで、へとへとで、疲れ切ってたんだが
来るはずだった別の運転士が病気になって
ケイシーにダブルシフトで運転してくれと頼んだんだよ

ケイシーは笑って答えたんだ「俺なら構わないぜ
この汽車に乗って、終点まで行ってやるよ
山あり、橋あり、丘ありの登り道だが
頭抜けた機関車で時間を追い抜いてやるさ」
時間を追い抜いてやる、時間を追い抜いてやる
頭抜けた機関車で時間を追い抜いてやるさ

水を見たけど、温度が低くて
時計を見たけど、進みが遅くて
もっと水を入れろ、もっと石炭をくべろ
窓から顔を出して、車輪の回転を見るんだ
車輪の回転を見るんだ、車輪の回転を見るんだ
窓から顔を出して、車輪の回転を見るんだ

みんなケイシーは走りきれないって思うだろうけど
ケイシーがどうしたか教えてやるよ
メンフィスを出たのは九時十五分前だったけど
ミシシッピのヴォーンには時間通りに入ったんだ

あと一マイルで目的地って時に
でかい前照灯が目の前に現れたんだ
火夫に叫んだんだよ「生きたかったら飛び降りろ」
子どもたちに愛してると、女房にはさよならと言ってくれ

ケイシーは言ったんだ、死ぬ間際になって
「もっと色んな路線で汽車を走らせてみたかったよ」
善なる天に向かってつぶやいたんだ「それももう無理だな」
イリノイ中央が俺の最後ってわけなのか

頭痛だって、胸の痛みだって、他のどんな痛みだって
鉄道員なら、どれも変わりゃしないんだ
みんな自分の物語があるんだよ、気高く偉大なやつがさ
みんな鉄道員の仲間なんだから

 アメリカのフォークソングやブルーグラスの楽曲を数多く紹介しているサイトBluegrass Messengers(http://bluegrassmessengers.com/casey-jones--version-1-original-saunders-lyrics.aspx)で、ウォレス・サウンダーズ(Wallace Saunders、生没年未詳)が1900年に歌った歌詞として紹介しているものです。ケイシー・ジョーンズ鉄道博物館州立公園(Casey Jones Railroad Museum State Park)のサイト(https://web.archive.org/web/20080316212339/http://www.trainweb.org/caseyjones/song.html)のもの(http://yogaku-manyoshu.blog.jp/archives/13875419.html)と比べると素朴で、当時の鉄道員の間で流布していたものに近い内容と思われます。

A high right-wheeler:おそらく当時の鉄道員の俗語。ジョーンズが運転していた車輪配置4-6-0の機関車を左に正面がくるようにして側面を見た場合、二組(四輪)の小さな前輪に対して右側に大きな動輪が三組(六輪)くることからか。
Fed up:うんざりする。
beat down:打ちのめされて。
dog tired:へとへとに疲れきって。
trick:勤務時間。
ridges:山の背。



hanmyo at 06:00|PermalinkComments(0)1900年 
記事検索
タグ絞り込み検索
読者登録
LINE読者登録QRコード